乳酸菌の話

知って得する豆知識

今月は「乳酸菌のお話」 担当:松浦先生

 

あっと言う間に5月ですね!先月は寒暖の差が激しかったので、体調を崩した方も多かったのでは!?皆さん、普段から健康の為に何かされてますか?今月は健康に役立ってくれる乳酸菌の話をします!

人は1日に1兆個の乳酸菌を必要とします。こんなに多いとは驚きですね。乳酸菌には大きく3つに分かれます。善玉菌・悪玉菌・日和見菌。腸内に善玉菌が多いと腸内環境が良くなり、免疫がアップします。免疫が高くなると風邪を引かなくなったり、花粉症が楽になったり、怪我や炎症などが早く良くなります。更に長期的にはガンの発生を抑えるなどの効果もあります。

しかし、年齢とともにどうしても悪玉菌の数が増えてきてしまいます。そこで、ヨーグルトをよく食べる方も多いのではないでしょうか。実は、、、それ正解です。

 

が、最初に書いたように1兆個の乳酸菌を摂取するには、約100リットルのヨーグルトが必要なんです。また、乳酸菌は熱と酸に弱いという特徴をもっています。熱に関しては体温以上にあがることはないのでいいとしても、口から入った食べ物は絶対胃酸にさらされます。この時点で乳酸菌のほとんどが腸に届き前に死んでしいます。

そこで役に立つのが「プロテサン」!!

濃縮した乳酸菌を加熱処理することで、表面をコーティングし、腸までダイレクトに乳酸菌が届きます。

腸は人体最大の免疫器官ですからね。

〔プロテサンB ,R,G,S〕4種類あります。

一袋あたりの乳酸菌の数が違います。

B 3000億個、 R 1兆個、 G 2兆個、 S 4兆個

私のお勧めはプロテサンBかプロテサンRです。

こんな症状でお悩みの方へ。

便秘・風邪をひきやすい・花粉症・肌荒れ・ガン

治療で体の外側から健康に、プロテサンで内側から健康になりましょう。

 

柔道整復師 松浦友太
 

 

 

※はしもと接骨院通信2015年5月号 掲載

投稿者プロフィール

はしもと接骨院
はしもと接骨院