整体院と接骨院の違いについて

健康な身体を維持するために整体院や接骨院に足を運んでみたいと考えられている方もいらっしゃるでしょう。整体院と接骨院は同じような言葉ですが、施術内容が異なります。満足出来るような施術を受けるためにも、整体院と接骨院の違いをしっかり理解しておくと良いです。こちらでは、整体院と接骨院の違いをご紹介します。

施術の違い

整体院の施術では、脊椎をはじめ、骨盤や肩甲骨、四肢などの関節に対する施術を受けることが出来ます。手足を使って関節や骨格、骨格筋の歪みやズレを整えて、日頃の不調を改善する特徴があります。一方、接骨院の施術は整体院の施術の内容に加え急性または亜急性の力によって発生した怪我に対して治療を受けることができます。急性とは捻挫や骨折・脱臼のように大きな力で発生した怪我、亜急性とは同じような負担が繰り返しかかることで発生ずる寝違いやぎっくり腰など、首や腰に痛みに発生する怪我に対する施術ができます。

資格について

整体院と接骨院の大きな違いは、施術者が資格を持っているか持っていないかということです。整体院を開業するには、国家資格を取得する必要がありません。そのため、資格を持っていなくても整体院は開業することが出来るのです。一般的には身体の知識や技術を身につけるために、専門学校に通って民間資格を取得される方が多くいらっしゃいます。一方、接骨院では「柔道整復師」という国家資格を取得する必要があります。(接骨院と整骨院は言葉の違いだけで同じものです)資格を取得しているというだけで、安心して施術を受けることが出来るという方も多いでしょう。

保険について

整体院では国家資格が必要ないことから保険が適用されませんが、柔道整復師という国家資格を取得しなければいけない、接骨院では保険が適用されます。健康保険をはじめ、労働災害保険や自賠責保険なども適用される特徴があります。

神奈川県相模原市周辺で身体の不調にお困りの方は、はしもと接骨院にご相談下さい。肩こりや腰痛、膝や首の痛みにお困りの方は、矯正施術を行ってみてはいかがでしょうか。全力でサポート致しますので、ぎっくり腰でお困りの方もお気軽にご相談下さい。

投稿者プロフィール

はしもと接骨院
はしもと接骨院