サッカーと腸腰筋

先日サッカー日本代表のW杯出場が決まり、ニューヒーロー誕生の予感もさせましたね。

そんなわけで前回の野球に引き続き、今回は腸腰筋シリーズのサッカーのお話です。

 

前回、野球に腸腰筋は必要と述べましたが、サッカーにも腸腰筋は必要なのです!

では、腸腰筋を鍛えることでサッカーにどのような影響があるのかと言いますと・・・

・足が速くなる

・短い距離のダッシュも速くなる

・ボールを素早く蹴ることができる

といったことがあります。

 

腸腰筋は上半身と下半身をつなぐインナーマッスルに分類される筋肉で、体を動かす時の初動に影響を与えるので腸腰筋をうまく動くことで様々な動作が速くなります。

そのため、上記のような向上が期待できます。

 

また、腸腰筋が弱くなると相対的に成長痛や捻挫、膝の痛み、股関節の痛みも出てきます。

そのため、腸腰筋は運動能力の向上やサッカーが上手くなる事のほかにも怪我予防にも役立ちます。

 

サッカーをもっと上手くなりたい!

怪我をしやすい・・・

なんていう子はぜひ、はしもと接骨院の楽トレで腸腰筋を鍛えてみませんか?