子供の姿勢の大切さについて

子供とインナーマッスル まとめ 

相模原市内の小学校の先生方の100名の有志の勉強会で講師をさせていただきました。
表題は「子供の姿勢の大切さについて」です。
姿勢の話をする先生は大勢いらっしゃいますが、皆さん「意識をして姿勢を良くしましょう」と言うお話をします。
ですが、意識をしてできるくらいだったらとっくにできています。
そうではなくて、なぜ意識をしても姿勢がよくならないのか?ということを考えるともともと持っている「インナーマッスル」の問題なのです。
インナーマッスルと言うものは、造語なので定義がありません。
ここでは今急速に全国に広まっている「羽田野式インナーマッスル理論」を元に、無意識に姿勢が良くなる方法についてお話しをしています。
この考えが広まれば、子供が変わります。
今後もこの活動をボランティアで続けていきます。

投稿者プロフィール

羽田野 龍丈
羽田野 龍丈
(はだの りゅうじょう)

はしもと接骨院代表
柔道整復師 僧侶

こんにちは院長の羽田野龍丈です。
趣味も特技も仕事も治療です。
なんでも治せる接骨院を目指しています。
どこに行っても治らなければぜひご相談ください。