羽田野 龍丈の痛みの110番 第32回 肩こり・頭痛

痛みの110番32回

羽田野 龍丈の痛みの110番 第32回は、肩こり・頭痛についてです。
そして、ミスター腸腰筋爆誕宣言の回!!
気になる方は、コチラを↓

腸腰筋が上手く働いていると背骨が前に引っ張られるので、背すじが伸びます。
背すじが伸びるとアゴを引くことが出来るので、頭がまっすぐに乗ります。
では、腸腰筋が上手く働いていない場合、骨盤が後ろに倒れて、背中が丸まるので、正面を向くと顎が前に出てしまいます。
これは、座っていても立っていても同じです。
腸腰筋が弱っていると
上の写真はチョット大げさですねw

頭の重さは、5~6kg。(体重の約8%と言われています)
ボーリングの球でいうと12~13ポンド(球に書いてある数字です)くらいですね。
物体が15°ほど傾くと付け根の重さが約4倍になるので、頭が前に15°ほど傾くと首にかかる重さは20~24キロになってしまいます。

真っすぐ立っている筒状の物体にボーリングの球がに乗っていれば、筒と地面に支えられて安定しています。
人間でいうと、背骨・骨盤・地面に支えられているじょうたいです。
これが15°ほどでも傾くと支えを失いボーリングの球は落ちてしまいます。
ボーリングの玉と筒

人間の場合は、首が傾いても、頭を落とすわけにはいかないので、20キロ~24キロの重さをを、首から肩の筋肉が後ろから引っ張って常に頑張っている状態になってしまいます。
つらいですね。
肩こり・首コリ・そこから来る頭痛を改善するには、姿勢を正すのが近道!

そこで姿勢を正す為に、おなじみの腸腰筋のポイント

押す場所
ココを押す

これで、改善した方は、はしもと接骨院で頭痛・肩こりを繰り返さない身体を作ってみませんか?