羽田野式ハイボルトは、寝違え、捻挫、ぎっくり腰などの痛みのある症状や、ばね指や手足のシビレなど幅広い症状に素早い効果が期待できる療法です。
また、検査にも使用できるので根本原因にアプローチが可能です。

ハイボルトとは

ハイボルテージ(ハイボルト)という電気治療機器を用い当院総院長の羽田野が考案した独自技法がハイボルト(ハイボルト療法・ハイボルト治療法と呼ばれる場合も)といわれるものです。
ハイボルテージ(ハイボルト)という機器は、筋肉や靱帯の深部に高電圧の刺激を浸透させることが可能であり、それにより筋肉や靭帯の修復、神経の興奮を抑え、疼痛の軽減や治癒促進などに利用できる「痛み」に特化した電気刺激治療器です。
羽田野は、この機器を使い臨床・研究を重ね、効果的な治療法のみならず、検査機器としての使用法も確立しました。

羽田野式ハイボルトとは

ハイボルトは、痛みに対して即効性のある治療法としてセミナー、勉強会等より全国に広まり、接骨院・整骨院のスタンダードとなりつつあります。
しかし、ハイボルト(ハイボルト療法・ハイボルト治療法)は、更なる即効性を求め、臨床・研究を重ねることで進化し続けています。
このことから、自ら開発したハイボルトですが、従来のものと区別するため羽田野式ハイボルトと命名致しました。

羽田野式ハイボルトの効果

羽田野式ハイボルトには大きな3つの特徴があります。

筋肉や靱帯の機能を修復する

従来、修復することが難しいといわれ、固定を旨としていた筋肉や靱帯のダメージに対し、羽田野式ハイボルトでは、高電圧を強くかけることにより、筋肉や靱帯自体を修復できるようになりました。

神経の興奮を抑える

痛みの出ている部位に限らず、その神経の走行に沿ってハイボルトを、流すことで神経の興奮を迅速に抑え、素早く痛みを抑えることが可能となりました。
例として手首に痛みがある場合でも、その痛みの原因は首やその周囲の神経から出ていることがよくあります。
それらの根本原因にアプローチすることにより今まで取り切れなかった痛みを取ることが可能です。

痛みの原因がわかる

羽田野式ハイボルトの一番の特徴は、痛みの出ている部位の根本原因が何処か検査できるという点です。
レントゲン・MRIに写らなかった筋肉や神経の悪い部分に、羽田野式の理論に沿ってハイボルテージという電気をかけることにり、悪い部分を解明する事が出来ます。
痛みを出している根本原因がわかれば、その部位に対して直接的な施術を行えると共に予防も可能となります。

羽田野式ハイボルトは、痛みの根本原因を治療するだけではなく、痛みを発する根本原因を解明し再発を起こさない状態を作ることが可能となった今までにない治療法です。
原因が分からなかった痛みや、年齢のせいと諦めていた痛み、何度も手術をしても痛みがとれない疾患に対して新たな道筋が見える事でしょう。
痛みがあるのであれば、その痛み諦めずに羽田野式ハイボルトを試してみてください。

ハイボルトの禁忌

ペースメーカーを使用されている方
妊婦の方

お気軽にお問い合わせください。042-705-9622受付時間
平日 9:00~20:00
水曜 9:00~12:00のみ
土曜 9:00~14:00のみ
日曜祝祭日 休診

メールでのお問い合わせはこちら