サッカー少年を悩ます腰痛の原因が首にあった!?

サッカー日本代表の7大会連続となるW杯出場決まりましたね!

昨日、W杯アジア最終予選のオーストラリア代表との試合が行われ、終了間際の劇的ゴールにより日本代表が勝利しました。勝てばW杯出場が決まる一戦ともあり、非常に白熱した試合が展開されておりました。

 

さて、サッカーの話題から始まりましたが、当院にサッカークラブのコーチをしている先生がいます。

去年、その先生のサッカークラブの子供が「腰が痛い」と1ヶ月間サッカーができず、病院でレントゲンやMRIを受けても原因が分からなかったそうです。

そのような経緯もあり、藁にもすがる思いでコーチの紹介で当院の治療を受けることになりました。

結果から言いますと、首に羽田野式ハイボルトを施したら治ったんです!

 

『なぜ腰痛なのに首なの?腰じゃないの??』と思われるでしょう。

じつは首と腰痛は密接に関係しているのです。

猫背のように姿勢が悪いと首が前に出ます。そうすると首の神経が圧迫され、腰痛を引き起こすことがあります。

今回の事例でも、その子供の姿勢は悪かったとのことでした。

このように腰痛の原因が首にあるという事例は珍しくありません。

 

さて、話は戻りましてサッカー日本代表。

アジア最終予選で残る試合はベトナム代表との1試合のみです。W杯出場を決めたとはいえ、最後も勝って終わらせたいですね!

次の試合は29日火曜日です!