ご予約・お問い合わせ


042-705-9622

部位ごとの痛みについて

モートン病

こんな症状のお悩みありませんか?

  • task_alt きつい靴を履くと指が痛い
  • task_alt 裸足でも歩くと足の指が痛む
  • task_alt 足の指にしびれがある
  • task_alt 一部の指だけが痛み・痺れがある
  • task_alt 足の指のしびれを取りたい
  • task_alt つま先立ちをすると足が痛い
ほねほねパンチ君

モートン病の症状と原因について

足の中指・薬指の間でのしびれや痛み・灼熱痛などの神経症状が発症します。
靴を履いているときに痛みが強くなり、脱ぐと軽減することが多いです。
稀に裸足で歩いても痛みが出る場合があります。
原因として考えられるものとしては、多いのが靴問題です。
ハイヒールをよく履く方やスポーツシューズを長時間履き続けてしまうと、指と指の間の神経が圧迫されて痛みやしびれなどが出てきてしまうことが多いです。
また、アライメントと言われる足の形状の問題もあります。
過剰な回内足(偏平足)・開帳足の場合、足のアーチ(土踏まず)が低下してしまい、足の指などに負担がかかってしまいます。
そうするとどんなにいい靴を履いていても、足の形状や重心などが崩れてしまうと、モートン病が発症してしまいます。
なので、しっかりと足の形状を改善させないといけません。

モートン病の施術について

モートン病施術写真

一般には痛みなどの炎症を抑えるために湿布や消炎鎮痛剤の服薬、ステロイド注射にて経過をみます。症状に合わせてアーチサポーターやソール(靴の中敷きのような装具)を使用することもあります。

はしもと接骨院の施術
はしもと接骨院ではモートン病の原因は身体を支える筋肉(腸腰筋など)が弱くなることにより起こると考えています。
インナーマッスル(腸腰筋など)が衰弱してしまうと、姿勢が崩れてしまい、足の動きも悪くなってしまいます。インナーマッスルは常にしっかりと使えないといけません。
当院ではインナーマッスルをトレーニングできる、特殊な電気治療器の「楽トレ」を使用します。この機械でインナーマッスルがどのくらいあるのか検査をさせていただきます。
インナーマッスルが鍛えられることにより身体をしっかり支えられるようになるため足への負担が少なくなり痛みなどは軽減されます。
治らないと諦めずに、モートン病でお悩みなら、はしもと接骨院へ一度お越し下さい。

症状別メニューへ 

ご予約について

※代表羽田野は通常診療は行っておりませんので施術をご希望の場合は料金、時間等が異なります。
羽田野施術をご希望の方はお問い合わせ時にご相談ください。


© 2022 Hasimoto orthopedic clinic inc.