ご予約・お問い合わせ


042-705-9622

部位ごとの痛みについて

むち打ち症

こんな症状のお悩みありませんか?

  • task_alt 首の痛み
  • task_alt 首や肩が動きにくい
  • task_alt 吐き気や耳鳴り
  • task_alt 頭痛やめまい
  • task_alt 仕事に支障が出る
ほねほねパンチ君

むち打ち症の症状と原因について

交通事故等やつよい外力によって、体が鞭を打つようにしなることから筋肉や神経を痛めてしまう状態をいいます。

むち打ち症の種類

むち打ち症にはいくつかの種類がありますが、一番多いのが頸椎捻挫型で全体の約70%くらいがこの型と言われています。
交通事故治療でも頸椎捻挫型やはり多く見られます。

特にむち打ち症の頸椎捻挫は軟部組織といわれる靭帯や筋肉が損傷し炎症を起こしている状態なので症状としてだるみや痛み、首の可動域制限がでてきます。
また、首周りにある自律神経と言う神経を痛めてしまうことによってめまい、吐き気、耳鳴り、だるさ、不眠、動悸、息切れなどの症状が出てきます。
自律神経の治療をしっかりやらないことによって起こるのが「後遺症」です。
痛みを取るだけでは解決にならず、この自律神経の治療をすることが大切になってきます。

むち打ち症の施術について

むち打ち症施術写真

一般的には痛み止めや湿布薬を渡され、 低周波などの電気を当ててマッサージをするのが一般的です。
自律神経の治療はほとんど行われていません。

はしもと接骨院のむち打ち治療

むち打ち治療では捻挫を起こしてしまって痛めている筋肉や関節、靭帯を良い状態にしていかなければ痛みが残ってしまいます。 はしもと接骨院では炎症に対する治療と自律神経に対する治療の両輪で完治を目指します

痛みに対して
はしもと接骨院では院長の羽田野龍丈が全国に広めている「ハイボルト」と言う治療を使って、即座に炎症を取り筋肉の緊張や痛みを取ります

自律神経に対して
院長の羽田野龍丈が全国に広めている「立体動態波脊髄通電法」(通称3D療法)と言う自律神経に特化した治療法により、自律神経の症状を良くして、後遺症にならない治療ができます
自律神経の治療をしっかりしないと後遺症になる可能性が高いのです。
むち打ちからの首の痛みが軽減しない、 過去の交通事故やむち打ちの後遺症に悩んでいる等々の症状でお困りの方は是非はしもと接骨院までご相談ください。

症状別メニューへ 

ご予約について

※代表羽田野は通常診療は行っておりませんので施術をご希望の場合は料金、時間等が異なります。
羽田野施術をご希望の方はお問い合わせ時にご相談ください。


© 2022 Hasimoto orthopedic clinic inc.