ご予約・お問い合わせ


042-705-9622

部位ごとの痛みについて

オスグッド

こんな症状のお悩みありませんか?

  • task_alt 膝を曲げると痛みがある
  • task_alt 膝の下を押すと痛みがある
  • task_alt 競技中に膝が痛み、運動を制限されている
ほねほねパンチ君

オスグッドの症状と原因について

オスグッドとは、膝を曲げた際に膝下の部分(主に脛骨粗面)に痛みが出た状態をいい、熱感や腫れ、圧痛が生じる場合があります
特に成長期の子に発生しやすく、骨の成長に筋肉の柔軟性が追い付かずにバランスが上手く取れていないと、筋肉の強度と柔軟性が欠如します。
太もも前面の筋肉(大腿直筋)は膝のお皿を介して膝下の部分(脛骨粗面)に付きます。
ですが柔軟性が無いと、大腿直筋が膝下の脛骨粗面を引っ張ってしまい場合により炎症を引き起こします。(この年代の骨は柔らかいので剥がれてしまうことも)
ゆえに痛みに発展します。

オスグッドの施術について

オスグッド施術写真

よくいわれるのは太ももの前面の筋肉(大腿直筋)をストレッチし疼痛軽減させてかつ安静にさせるといった治療です。
しかし、はしもと接骨院では、そもそも何故 太もも前面の筋肉に負担が掛かり、痛みが出ているかを追求します。

オスグッドをはじめ競技中の怪我やスポーツ障害を繰り返す人は総じて、インナーマッスル(主に腸腰筋)が弱い傾向にあります。

腸腰筋というのはカラダの中心に位置し、唯一上半身と下半身を繋いでいる筋肉で、人間がカラダを動かす際に最初に動く筋肉ともいえます。
ひとつ股関節を曲げるにしても、この腸腰筋が弱く かつ 使い辛い状態に有ると、大腿直筋のみに頼ってしまい、やがて筋出力が落ちて、オーバーユースとなります。

はしもと接骨院では、患部の治療は勿論のこと、原因となる筋肉を調べることが可能です。痛みを出さない様なカラダを構築する上で重要になってきます。


done 治療しても痛みがすぐに戻ってしまう方
done 毎度 怪我に悩まされている方
done 怪我しないカラダつくりに興味のある方

ぜひはしもと接骨院へお越しください。

症状別メニューへ 

ご予約について

※代表羽田野は通常診療は行っておりませんので施術をご希望の場合は料金、時間等が異なります。
羽田野施術をご希望の方はお問い合わせ時にご相談ください。


© 2022 Hasimoto orthopedic clinic inc.