ご予約・お問い合わせ


042-705-9622

部位ごとの痛みについて

野球肘

こんな症状のお悩みありませんか?

  • task_alt ボールを投げると肘が痛い
  • task_alt 肘を曲げると肘が痛い
  • task_alt 肘が完全に伸びない
  • task_alt 野球肘と診断された
  • task_alt なるべく早く復帰したい
ほねほねパンチ君

野球肘の症状と原因について

いわゆる「野球肘」という状態は、肘の内・外側に痛みが走る状態を言います。
名前通り野球の投球動作の繰り返しで起こるスポーツ障害のひとつです。
原因としては投球動作の繰り返しによる、オーバーユースにより過度な負担がかかることが主な原因になります。

整形外科的には、腕の筋肉が使いすぎにより縮んだことによって、付け根である肘の内側が引っ張られたり、外側の骨同士がぶつかることにより、炎症を起こしたと考えられています。
ただ、はしもと接骨院(羽田野式)では、痛みの原因は肘だけではないと考えています。
なぜならば、首から出ている神経が肘に痛みを出す場合もあるからです。
なので、首の治療をすることにより、肘の痛みが取れることはよくあります

腱鞘炎の施術について

急性期と慢性期によってアプローチは異なります。
急性期では肘の炎症を抑え、肘周囲の筋肉の緊張を取っていきます。それに首から出ている神経の状態を正常に戻すために、首回りの筋肉の緊張・神経の炎症も抑えていきます。

慢性期では、野球肘になるそもそもの原因の投球フォームや姿勢を改善させます。
投球フォームや姿勢を改善に必要な腸腰筋をはじめとしたインナーマッスルをしっかり鍛えてあげることで、再発が防止できるという事例がたくさんあります
早く治したい野球肘、何年も痛めている野球肘はぜひはしもと接骨院にご相談ください。

症状別メニューへ 

ご予約について

※代表羽田野は通常診療は行っておりませんので施術をご希望の場合は料金、時間等が異なります。
羽田野施術をご希望の方はお問い合わせ時にご相談ください。


© 2022 Hasimoto orthopedic clinic inc.