ご予約・お問い合わせ


042-705-9622

部位ごとの痛みについて

腰部脊柱管狭窄症

こんな症状のお悩みありませんか?

  • task_alt しばらく歩くと足のしびれ(裏もも、ふくらはぎなど)痛みが出て歩けなくなるが、少し休むと治まってまた歩けるようになる。
  • task_alt 立っていると足のしびれ(裏もも、ふくらはぎなど)痛みがひどくなる
  • task_alt 足に力が入らない
  • task_alt おしりのまわりにしびれやほてりがある
ほねほねパンチ君

腰部脊柱管狭窄症の症状と原因について

脊柱管は、背骨、背骨のクッション(椎間板)関節、背骨に沿ってある靭帯(黄色靭帯)などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。
脊柱管狭窄症とはそのトンネルが狭くなる病気です。
加齢や仕事による負担、背骨が変形したり、背骨のクッション(椎間板)が膨らんだり、背骨にそってある靭帯(黄色靭帯)が厚くなり、そのせいで、神経が圧迫されて血流が悪くなり、腰や足の痛み、しびれなどの症状が起こります
50歳代から徐々に増え始め、60~70歳代に多くみられます。
高齢者の10人に1人は腰部脊柱管狭窄症であるといわれています。

腰部脊柱管狭窄症の施術について

はしもと接骨院(羽田野式)では、なぜ狭窄症になったのかということをしっかりと検査して、狭窄症の痛みしびれを治療しながら、原因である弱いインナーマッスルや骨格を治していくことによって、痛み痺れをださない骨格とインナーマッスルをつけることができます
「狭窄症で足が痺れてしょうがない」「腰が痛くてしょうがない」、「何度も繰り返し痛みが出ている」などという症状にお悩みの方は、ぜひはしもと接骨院にご相談ください。

症状別メニューへ 

ご予約について

※代表羽田野は通常診療は行っておりませんので施術をご希望の場合は料金、時間等が異なります。
羽田野施術をご希望の方はお問い合わせ時にご相談ください。


© 2022 Hasimoto orthopedic clinic inc.