坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは

坐骨神経と言うのは、腰骨と骨盤の骨から出ている神経が5本束になって足に向かって走っている神経のことです。
鉛筆ほどの太さがあると言われています。
この神経がどこかで圧迫もしくは牽引(引っ張られる)ことにより、痛みや痺れを出すことを坐骨神経痛といいます。
坐骨神経

坐骨神経痛はあくまで「症状」であって、「傷病」ではありません。
例えば「脊柱管狭窄症が原因で出た坐骨神経痛」や、「椎間板ヘルニアが原因で出た坐骨神経痛」などです。

一般的な坐骨神経痛の治療

病院では通常鎮痛剤と血流を良くする薬と胃薬が処方され様子を見ます。
ですが、原因をやっつけなければ結果である坐骨神経痛は変わらないので、ただ単に症状をとってもあまり意味がありません。
あまりに症状がひどい場合は、手術も提案されます。(脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎分離すべり症など)

羽田野式での坐骨神経痛の原因等、考え方

主に坐骨神経痛の原因としては上記に挙げた脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎分離すべり症などの背骨や椎間板に関する疾患が多いとされていますが、羽田野式では坐骨神経が種々のインナーマッスルや関節などで障害されているケースが多いと考えています。
1番多いパターンは「腸腰筋」と言うインナーマッスルですが、他にもいろいろなインナーマッスルに原因があり坐骨神経痛が起きていることがあるので、それを羽田野式ハイボルトで一つ一つの筋肉を調べて原因を見つけます。
原因のインナーマッスルや関節さえ見つかれば、後はそこを治療する、もしくは弱っているインナーマッスルをつければ解決します。
坐骨神経痛は治るものです。
皆さんは正確な原因が分かっていないだけのパターンが殆どなので、レントゲンやMRIに映らなくてもインナーマッスルが原因であれば羽田野式ハイボルトで発見できますのでぜひ原因を見つけましょう。

投稿者プロフィール

羽田野 龍丈
羽田野 龍丈
(はだの りゅうじょう)

はしもと接骨院代表
柔道整復師 僧侶

こんにちは院長の羽田野龍丈です。
趣味も特技も仕事も治療です。
なんでも治せる接骨院を目指しています。
どこに行っても治らなければぜひご相談ください。