ご予約・お問い合わせ


042-705-9622

 2022.06.03 一億総酸欠③ 〜姿勢が及ぼす酸欠のさらなる影響とその改善方法とは!?〜

前回(『一億総酸欠②』)、

背中を丸めて長時間座っていることで脳が酸欠状態になり、

集中力や記憶力の低下を招くというお話をしました。

 

 

取り込まれた酸素は肺から脳へ、

そして内臓をまわって最後は筋肉へと行くわけですが、

内臓や筋肉でも酸欠による影響が出てきます。

 

 

内臓でいえば、

一番酸素を使うのは肝臓なんですね。

 

肝臓はビールなどのアルコールを分解しますよね?

 

そのため身近な例で言えば

「最近、お酒が残りやすいなー」とか、

そういう風に思ってきたら

酸欠による肝機能の低下の可能性もあります。

 

 

そして内臓の次に行き着くのは筋肉です。

 

それでは、筋肉では酸素を使って何をするかというと、有酸素運動ですね。

 

脂肪は酸素がないと燃えません。

 

なので、酸欠だと脂肪が増えてくるんですね。

 

かの野口英世さんはですね、

「全ての病気の原因は酸欠にある」

と言ったくらい酸素は体の中に大事なんです!

 

ここでとある実験について、

興味深いお話をしたいと思います。

その実験とは、

『酸素を多く吸わせる』グループと

『普通の呼吸で酸素を吸う』グループの

2グループに分けて、

それぞれのグループに100マス計算をやらせた

という実験でした。

 

 

結果はどうだったと思いますか?

 

なんと、

『酸素を多く吸わせる』グループの方が計算が速く、

しかも正答率が高かったのです!

 

 

つまり、

酸素を多く取り込むことで

より計算が速くなり、

よりミスを減らせたわけです。

 

 

これは、

『酸素を多く吸わせる』グループの脳に届く酸素が少なかったことで

脳が鈍くなった結果でもあるのです。

 

 

となると、

気になるのは

どうしたら酸素をしっかり取り込めるようになるのか?

ということですよね?

 

ここで思い出していただきたいのは、

酸素の供給が少なくなる原因は

背中を丸めた姿勢により一度に取り込める空気の量が減ってしまうからでしたね。

 

つまり、

背中を丸くした悪い姿勢を正すことで

供給される酸素の量も改善されるんです。

 

 

じゃあ、背中を丸くしている原因は何ですか?というと、

インナーマッスル。

なかでも

腸腰筋(ちょうようきん)が弱っているからなんですね。

 

インナーマッスル、特に腸腰筋をしっかり鍛えてあげると姿勢が良くなる

というお話は以前にもしましたね。

 

また、

野球と腸腰筋』、『サッカーと腸腰筋』では

腸腰筋を鍛えることでスポーツのパフォーマンスが上がることもお話ししましたね。

 

そして先週、

インナーマッスル②』のなかで

インナーマッスルを使っている人は内臓脂肪が少ない

というお話もしました。

 

 

 

つまり、

インナーマッスルを鍛えることで姿勢が良くなり、

スポーツのパフォーマンスも上がって、

内臓脂肪も減って、

酸欠も解消される。

ということなんです!!!

 

だから皆さん、

まっすぐ座るように心がけると共に、

下でご紹介する自宅でも簡単にできるインナーマッスルのストレッチをしてみてはいかがでしょうか?

 

腸腰筋ストレッチ(立ったまま)

https://youtu.be/oGvfB_H0H5U

 

 

腸腰筋ストレッチ(椅子バージョン)

https://youtu.be/-yzIJgD_UWs

 

 

腸腰筋ストレッチ(座ったバージョン)

https://youtu.be/xAyWJLda3hg

 

 

腸腰筋ストレッチ(足振り運動)

https://youtu.be/r694QdcJGsI

 

 

 

または、

はしもと接骨院が得意としている『インナーマッスルEMS』で筋肉を鍛えるとか、

そういう風にしてですね、

インナーマッスルをしっかり鍛えてあげてください。

 

そして正しい姿勢をとって、酸欠を解消させてくださいね。

 

 

原因の無い痛みはありません!

 

原因が無くて頭がボーっとすることも、原因が無くて体が太ることもありません。

 

全ての症状には原因があります。

 

はしもと接骨院ではインナーマッスルを計測することもできますので、

気になる方はご連絡ください。

 

痛みが出ている方はハイボルテージという電気を使った

羽田野式ハイボルト療法」という特殊な電気治療で根本から原因をやっつけます。

 

どこに行ってもわからない、痛みの原因を知りたい方や

この痛みをすぐに取って欲しいと言う方は042-705-9622までお問い合わせください。

投稿者プロフィール

はしもと接骨院

© 2022 Hasimoto orthopedic clinic inc.