ご予約・お問い合わせ


042-705-9622

 2022.07.06 痛みの原因は首?① ~四十肩・五十肩になる原因の1つは首にある~

先週、『四十肩・五十肩』についてお話ししました。
そのなかで、四十肩・五十肩の原因の一つには『首からの放散痛(ほうさんつう)』があるというお話をしました。

今回はそんな四十肩・五十肩についての復習になります。

 

そもそも四十肩や五十肩っていうのは
痛みにより方が上がらない状態のことを言います。

 

そんな四十肩や五十肩の原因にはいくつかあります。

一つは『石灰沈着』ですね。

 

あとは肩関節の拘縮といって、肩関節が固まった状態です。

この場合は動かして行くしかないですね。

それでも「五十肩は動かすしかない」なんて言われて

1年から2年ぐらいずっと一生懸命動かしてる人は世の中にいっぱいいると思います。

 

でも原因の中には肩関節が固まっている状態じゃない場合があります。

そのような場合は何かというと、肩甲骨、首、肩関節自体の炎症。

この3つに分類されるわけです。

 

背中が丸いと肩甲骨が下に引っ張られてしまうので、横から腕を上げようとしても肩は上がりません。

皆さんも背中を丸めてやってみてください。

肩が上がらなくなりますよね?

だから背中をずっと丸くして仕事をしている方は、四十肩や五十肩の状態になりやすいですね。

 

そして肩甲骨が動かないのに一生懸命肩を上げていると、肩のところで肩甲骨と腕の骨がぶつかって炎症が起きます。

なので、痛い時は無理に動かさないほうがいいです。

痛みというのは体からのSOSでもあるんですよね。

 

そしてあと一つこれが首から痛みが飛んでいる『神経放散痛(ほうさんつう)』てやつです。

 

首を通る神経には肩に通じてる神経もあります。

そのため肩に通じてる首の神経が挟まれるとですね、肩に痛みが出てしまうんですね。

それでその痛みで肩が上がらなくなります。

実は首にはたくさんの神経が通っています。

そのなかには、
背中に行く神経や、胸に行く神経、腕に行く神経、指に行く神経、そして頭に行く神経などがあります。

 

ここまで読んで気付いた方もいると思います。

 

そうです。

 

肩に通じてる神経が首で挟まれたことで四十肩や五十肩になっていたのであり、

これが肩に通じてる神経ではなく頭に通じてる神経であれば頭に痛みが出ますし、

腕に行く神経であれば腕に痛みが出るのです!

 

 

今回はここまでとなります。

はしもと接骨院ではこのような症状で悩んでいる方にハイボルテージという電気を使った
羽田野式ハイボルト療法」という特殊な電気治療を行っています。
どこに行ってもわからない、痛みの原因を知りたい方や
この痛みをすぐに取って欲しいと言う方は042-705-9622までお問い合わせください。

また、当院のYoutubeチャンネルでは
腸腰筋に効果があるストレッチなど様々な動画も紹介しています!

例えば・・・

腸腰筋ストレッチ(立ったまま)
https://youtu.be/oGvfB_H0H5U

他にも動画はありますので、是非ご覧くださいね!

投稿者プロフィール

はしもと接骨院

© 2022 Hasimoto orthopedic clinic inc.